【自分らしく生きる、楽に生きる応援サロン5】訪問介護「ことり」のお二人

日時:12月2日(土)17時半〜19時半  参加費:1,000円 定員:7名 残2

場所:茶論(サロン)205号室(JR阿佐ヶ谷駅より徒歩7、8分)★詳細はお申し込み者にお知らせいたします。

話し手:訪問介護「ことり」斎藤さん、英里さん。

 

今回のゲストは、国分寺で「訪問介護ことり」を自営されている齋藤さん、英里さんご夫妻です。念願ついに叶う!

「どうして私達なんですか?」ご本人方も興味深く楽しみにしてくださっているので、これについて発表するのは、いささか緊張しますが…

 

初めてお会いしたのは、私が初めて地域通貨「ぶんじ」の集まり(ぶ活第2回目)に参加した時のこと、

お二人が「途中寄ったよー。」という感じで登場。あっという間に退場されたのですが、その印象の強烈なこと!(この時は主に齋藤さん)「この人のこと絶対忘れない!」と、思いました。

キーワードは「元気!」「楽しい!」「明るい!」などなど。元気なつむじ風がサーっと駆け抜けていった感じ。

その後2、3回お会いしても印象は変わらず。そしてお二人が訪問介護ステーションを自営されていることを、人伝に聞きます。

 

その時の「いいなぁ!」という衝撃。

私は週一半日、ヘルパーステーション併設のデイサービスで、マッサージのバイトをしています。極一部とはいえ介護の世界にいるので、自分が思い込んでいる「ヘルパーステーション像」がありますが、多分それとは違いそう…。

「ぶんじ」活動にも意欲的なお二人、「こんな訪問介護事業所があったら、地域に安心して暮らしていけるだろうなぁ。」と、勝手に深い共感を寄せ、「お話聞きたいな。したいな。」と、思っていて、この度目出度くご承諾いただきました。

 

で、今回も毎度のことながら、介護のお話とは限りませんことをご承諾の上、お申し込みください。

いただいているお二人からのメッセージは

『「このテーマで話すぞ!と準備していくと、結局人の言葉を使おうとしてしまって、立派なことを言わなきゃと思ってしまって、考えていることから離れていってしまう」という感じがするので、

よしもとさん含め、その時そこにいる人の関心と、わたしたちにとって一番ホットな話題を一緒に鳥(誤変換ではありません←私による注釈)いれながら、という感じでもいいでしょうか。

わたしが訪問介護おもしろいなって思うのは、どうやってもこちらの都合に合わせることはできなくて(したくもないし)、おうちに訪問した時の状況や体調、機嫌や雰囲気にこちらが馴染んでいく感じ、にあるような気がして。なので、その勢いで行けたらいいなって思っています。』

全く異議なし。どころか、どんな形にしていきたいかを分かってくれていらっしゃるようなメッセージ。

 

残席そんなにありませんが、ぼんやりな方も、この話聞きたい!がある方も、ぜひぜひ!お待ちしております。

★こちらの、お二人の記事もどうぞ。→http://rinzine.com/post-622/

 

申し込み方法:

件名「サロン5 ことり」で

お名前、こちらからお送りしていいメールアドレス、当日連絡のつく番号を入力の上、 info@tyyni.bizまでお送り願います。

「ねこ会」@「焙煎珈琲いずみや」(国分寺 恋ヶ窪)11/18

念願の「ねこ会」を開催いたします!

そもそも私が茶論205号室をはじめたのは、ねこと暮らし出したからなんです。

先日、国分寺の「胡桃堂喫茶店」にて行われた「地域通貨 ぶんじ」を巡って、自由に話をしようという1回目の「ぶんじ フリートーク」に出た時の出会いがきっかけとなりました。

ずっと温めていた企画だったのですが、なんでしょう、一歩踏み出せずにいたところを、「焙煎珈琲いずみや」さんが、「うちの店でやりましょうよ!」と言ってくださり、トントンと話が進みました。

内容はいずみやさんがご紹介してくださったとおりです。

「ねこ会(茶論205号室)」場所:焙煎珈琲いずみや

 Facebookうまくいかない方は、info@tyyni.bizでもお申込みいただけます。

 

初めてうかがったときのこと。「打ち合わせがしたくて」というのは口実で、お店に伺うために仕事を調整し、いそいそと向かいました。私の勝手な想像とは全然違う、でも、すごく素敵な喫茶店がそこに!(美味しいですよ。)

普段は平日しか営業されていませんので、「いずみや」さんに行ってみたかった!という方にも朗報です。

「ねこの話は聞きたくもない!」でなければ大丈夫。そんな方もぜひいらしてみてください。

【自分らしく生きる、楽に生きる応援サロン④】服部翔太、人生第一章を振り返ってみる〜voice of ゆとり・さとり世代のひとり〜」

毎月第一土曜日を定例としている集まり。今回は30代を目の前にした青年が「僕、やってみたいです。」と立候補してくれただけでなく、ストレートに想いの伝わる告知文を考えてくれました。

来れない方も是非こちらを読んでみてください。

日時:11月4日(土)10時〜12時  参加費:1,000円(簡単なお飲み物付き) 定員:8名

場所:茶論(サロン)205号室(JR阿佐ヶ谷駅より徒歩7、8分)★詳細はお申し込み者にお知らせいたします。

話し手:服部翔太氏(彼とは「クルミドコーヒー」や「胡桃堂喫茶店」の「朝もや」をきっかけに出会い、その他でも同じ場所に出没して出会う間柄です。)

以下、服部さんからのメッセージです。

「日本人の平均寿命が80~90歳となり、巷では100歳まで生きることに対する意識も強まってきている昨今ですが、僕は平成元年の誕生から今年28歳になり、人生の1/3を終えたなとふと思いました。同時に残り2/3の今後の人生をどう生きて行くかを考える上で、これまでに以上に希望も広がる一方、これまで以上に不安感・どん詰まり感も抱えております。

個人的に今年は意識を変える本に出会い、様々な方と出会うことも増え、自身も結婚式をしました。世間的にも天皇の生前退位や北朝鮮の問題激化、AIの加速的な発展なども取り沙汰されてきてなんとなく大きな転換期に差し掛かっている気もします。

そのようなことから勝手ながらに節目を感じている2017年までを自分の人生の第一章として振り返り、来年から本格的にスタートアップさせたい第二章以降を生きることについて考えるひとつの機会として自分のことを話し、様々な年代・境遇の方々とセッションしながらインプットもアウトプットもできたらいいなと思います。

ゆるやかで穏やかな雰囲気で進めたいと思いますので、ご興味のある方に是非ともご参加頂けたら嬉しいです。……

と、ここまで書いておきながら、「平成が終わる前に平成元年生まれが平成を語る!」的なテーマも良いなと思ってしまった……。来年これにします!」

いただいたメッセージは以上です。

もう来年、第2回目の構想までちらりと書いてくれているといます。(笑)

ありがとうございます。

 

申し込み方法:

件名「サロン4 服部翔太」で

お名前、こちらからお送りしていいメールアドレス、当日連絡のつく番号を入力の上、 info@tyyni.bizまでお送り願います。